ライフスタイルに合わせたトイレのリフォーム

高齢者こそトイレのリフォームを

日本は高齢化が進んでいるとよく言われますが、その高齢化に対応できていない場所がたくさんあります。それは毎日生活する家屋の中にもたくさんあり、高齢化した人が生活をする上で怪我や病気になったりする危険もはらんでいる場合があります。浴室やトイレなどはその最たるものです。特に古い家屋の場合、トイレが昔のままということがよくあります。昔はしゃがんで用を足すという和式のトイレがほとんどでした。
汲み取り式になっていたものを水洗にしてはあっても、トイレの便器が和式用のままになっているのを地方などで見かけます。和式のトイレは筋力が弱っている高齢者には使いづらく、転んでしまうという危険もあります。こういった怪我しやすい古いタイプのトイレは、洋式のトイレに取り換えることで大きな安全を手に入れることができます。
高齢者が住んでいる家屋ではトイレを新しくすることで、安全に暮らすことができるのです。血圧が高い高齢者にはゆっくりと腰かけて用を足せる洋式の便器は、和式の便器に比べて安全です。トイレを新しくすることで、便座も暖房できるタイプのものを設置することができるので、冬季に夜間トイレで寒い思いをせずに済むという利点もあります。高齢者こそ、トイレのリフォームを考えて健康維持できるようにしましょう。

トイレをリフォームする3つのメリット

築年数が15年を経過してくると水廻りが劣化してくると言われているのでトイレをリフォームする人も多いです。トイレが劣化してくると便器が黄ばんできたりするので不衛生な状態になってしまいます。それにより清潔感ある便器にするためにトイレをリフォームしますが、その他にもメリットになる点が多いです。そこでトイレをリフォームするとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。【自動洗浄する事が出来るようになる】便器を洗浄する時は洗剤などを使用して自分で行っていましたが、最近では除菌水で自動で洗浄する事が出来るようになっています。それによりトイレをリフォームすると自動洗浄する事が出来るようになるので手間がかからなくなります。
【自動脱臭する事が出来るようになる】トイレは臭う事が多いので消臭剤を置いたりして対策するのが主流でしたが、最近では脱臭機能が付いているので自動脱臭する事が出来るようになっています。それにより消臭剤を置く必要もなくなります。
【トイレの出入りがスムーズになる】トイレの広さと便器の大きさが合っていないと出入りが不便に感じてしまう事も多いでしょう。しかしトイレの広さに合わせた便器を選んでリフォームすればトイレの出入りがスムーズになるので不便に感じる事もなくなります。

2016年度リフォーム成約工事高大阪府第1位、2015年には大阪府第2位となっています。 専属アドバイザー制や自社施工によるお客様別対応でお客様満足を第一としています。 地域密着・お客様密着だからこそきめ細かなサービスを提供しています。 営業時間は朝8時から夜20時まで営業しております。 最初から最後まで一人の担当者が対応してくれるので要望に応じで細かく現場管理してくれます。 八尾でトイレのリフォームするならMidori

メニュー

2017年08月23日
コストダウンの可能性も秘めているを更新しました。
2017年08月23日
システムトイレという選択肢を更新しました。
2017年08月23日
トイレのリフォームで考えるべき点を更新しました。
2017年08月23日
気になるトイレリフォームの相場を更新しました。

Copyright(C)2017 思い切ってトイレのリフォームを検討されている方にオススメ All Rights Reserved.